RSSはこちら

Angelus ovum

隠れオタクの創作日記。

  • 2016⁄05⁄16(Mon)
  • 23:37

王様の耳はロバの耳。

昔々、ロバの耳をした王様がおりました。
理髪師だけは、王様はロバの耳である事を知っていたのですが、黙っていることができずに、森の中の葦に向かって「王様の耳はロバの耳」と叫ぶと、葦がその言葉を言うようになりましたとさ。

イソップ寓話で有名なお話なんですが、この王様の耳をロバの耳にしたのは、ギリシャ神話に登場するアポロンだったそうです。
この王様、触るものすべてを黄金にしてくださいと願ったためにヒドイ目に遭ったというのでも有名。これは自分の娘に触れたら黄金になっちゃったというシーンらしい

ところで、昔読んだ原田宗典のエッセイだったと思うんですが「自分の思っていることを書き出してみるといいよ!」という内容がありました。
頭に思っているだけじゃなくて書いてみると、気持ちが整理されるらしいです。
そんなわけで、今日も「王様の耳はロバの耳」……って、感じで書いています。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2016⁄02⁄16(Tue)
  • 23:47

サディストのお尻にはボラギノ-ル軟膏!

ジルで~すvワタシの好きな童話作家といえばペローなんですが、この人の作品で有名なのが『サンドリヨン』と『長靴をはいた猫』そして『青ひげ』
青ひげのモデルは、ジル・ド・レイという人物だったそうです。

百年戦争で有名なジャンヌ・ダルクとともにイングランド軍と戦った盟友で、当時は『救国の英雄』と呼ばれていました。
後に千を超える子供たちを凌辱と虐殺。それが発覚して宗教裁判において火刑に処せられました。
ジャンヌダルクが異端として火炙りになったことで精神に異常きたして、残虐な行為を行ったとも言われています。

どSで~す!このヒトよりもサド侯爵のほうが有名なのかな。

澁澤龍彦のエッセイにあったと思うんですが、少年であったサドがキリスト教では禁じられている一人での行為の後に「神がいるならこの場で自分を裁いて見せろ」と天に向かって叫んだそうです。
そんなイカ臭い手を差し出されても、神さまだってどうしたらいいのか……
結局の所、この二人って誰よりも神さまの存在を信じていた人だったのかな。

そうそう、サドって晩年に、えらい痔に悩まされたとの記録が残っています。
サディストの大家なんですけど、自身が苛められるのもお好みのようです。このヒト……
とどのつまりSだのMだの、わりと流行しちゃっている言葉みたいだけど、案外コレって同意語かもしれないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2016⁄01⁄12(Tue)
  • 14:09

イケメン無罪……イケメンにもみ許される特権。

今日は、シャルル・ペロー生誕 388 周年だそうです。

Googleロゴも『眠りの森の美女』に『サンドリヨン』『長靴をはいた猫』になっていました。
ペローの童話っていうと、あんまり有名じゃないかもしれないけど、『ロバの皮』って話もけっこう好きです。
父王の求婚からされる王女が、ロバの皮をかぶって逃げ出した先でいろいろあって、最後は王子と結婚するって話。(カトリーヌ・ドヌーヴ主演の映画だと『ロバと女王』で、グリム童話だと『千匹皮』)

父王が実の娘との近親婚を望むきっかけになったのは、「自分より美しい女性としか再婚は認めない」という王妃の遺言だったんですが、この父王が美形なら、案外、アッサリ父子相姦が生まれちゃったかもしれないですよね。

でも、この映画のジャン・マレーは、かなり渋い。1946年の『美女と野獣』では、野獣役だったけど……(『美女と野獣』って、王子に戻ったときより、野獣のほうがカッコよく見えるのは、気のせいなんでしょうか?)

ギリシャ神話では、反対に父王に思いを寄せる王女が、こっそり父の寝所に忍び込んでしまうお話があったりします。
いつの時代も『ただしイケメンに限る』って、あるんですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2015⁄09⁄28(Mon)
  • 19:57

いかつい顔をしているヤツほど、根は純情なのかもしれない。

今夜はスーパームーンだそうです。
月が地球に最接近する時間と満月が重なるとスーパームーン。2017年にはスーパームーンは見られないので、月が近づかない年として、シャイムーンイヤーとなるようです。
なんだか、日曜の朝からやってる女児向けアニメシリーズを思わせるネーミングですが、とりあえず、昨日が中秋の名月に続いて、今夜の月もイイ感じです。

ころで、『イントゥ・ザ・ウッズ』で、ジョニーデップ扮するオオカミが登場するシーンが、めっちゃ短くてショックでしたところで、月と言えば狼が遠吠えするイメージなんですが、オオカミが吼えるのは悲しいからという話があります。

犬が遠吠えするのも寂しがっているためで、家に留守番させていると、やたらと吠えるのも、ご主人に会えない寂しさがそうさせているわけなので、
オオカミも群れとはぐれたか何かで、寂しいとか仲間を呼んでいるとからしいです。

それを聞くと、オオカミ男が月に向かって遠吠えするのも、獲物を探して……というより、孤独を訴えているんでしょうか。

拍手コメントのお返事を置いております。
 ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2015⁄02⁄23(Mon)
  • 15:37

浦島太郎は、宇宙旅行の物語であるという可能性

一日にするべきことと、やりたいことが多すぎて、もうどこから手をつければいいのか判らなくてうわわわぁぁあ~どうすればいいんだ!!!となる瞬間があります。

他の人はちゃんとできるのに、どうして私にはそれが出来ないんだ!
いやいや、人と比べるのは間違っているんだ。
人それぞれ……とかなんとか言いつつも、やっぱりそこまで達観できない。

どうしたらいものかと、ライフハックのサイトやブログを拝見すると、一日のやることリストを作るとか、毎日の記録をつけるとか……。

さっそくやってみました。
今日で二週間目。
やってみて分かったことは、リストの八割ぐらい出来ているようでした。できなかった二割が書くこと。
ブログを書くとか、小説を書くとか……コレが、いつも出来ない。

時間がないわけじゃないんです。
あまりあるほどの時間があるわけじゃないけど、自分の時間を割り振って、きちんと書く時間は別にとってあるんですが、あっという間に時間切れ。
上手く書こうとするから、ダメなのか?
auの新CMシリーズ「三太郎」は、桐谷健太の浦島太郎だった。これって三人の英雄からの~au……ダジャレだったって気がつかなかった。いや、どうせ、誰も読んでないんだから、気にすることはないんだ。テキトウに書いちゃえ……とか思いつつも、書いては消し書いては消しの繰り返し。
時間だけが過ぎていく。

どういうことなんでしょうか。コレって……私の周囲だけ時間の流れが違うわけですか?
特殊相対性理論における時間の遅れ?
ウラシマ効果ってやつ?
浦島太郎が行ったのも「牡牛座星団の中にある、どこかの星だった」とかって、京都情報大学院大学教授も言ってるし。

……そうこうしているうちに気がつけば、もうこんな時間だな。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話

About us

管理人ご挨拶

【マリアさん】 当ブログの看板娘。年齢のことは禁句
【ガブリエル】 自分の性別を見失っている天使。

Contact

管理人へのご連絡は メアドを入れていただければ直接お返事しますこちらから
別窓開きます

Ranking

本日の残り時間

TOUCHING WORD(小)

About this Blog

こちらでは管理人 真守(Mamori)の日常や趣味の小説のことなどを綴っております。

管理人の小説サイトはこちら(一部大人向け表現アリ)
『小説家になろう』でも投稿させていただいております。こちらから
『ムーンライトノベルズ』はこちらから

Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Material

ImgBubbleTipsby[猫カフェ]futaha
月の歯車
妙の宴
幻想素材サイトFirst Moon
ヴィラージュ・クッキング素材集
暗黒素材 御伽草子
STAR DUS
ATNET
FOOL LOVERS
NEO HIMEISM