RSSはこちら

Angelus ovum

隠れオタクの創作日記。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
スポンサー広告
  • 2018⁄03⁄07(Wed)
  • 16:44

やっぱり判断基準は顔……。

「人は見た目が9割」とかなんとか……少し前にドラマになってたけど、
これの元ネタは「メラビアンの法則」というものらしい。

1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念で、
話し手が聞き手に与える影響を数値化したもの。
言語情報(Verbal)…7% 話の内容。
聴覚情報(Vocal)…38% 声質・口調・会話の速さ。
視覚情報(Visual)…55% 態度。外見。

とか言うので、これだけ見たら、やっぱり見た目が重要って話になるんですが、
じつは「メラビアンの法則」の実験は、
話し手が「言語情報」「聴覚情報」「視覚情報」について、
それぞれが矛盾した情報を発した際、聞き手はどの情報を優先するのか、という条件があったようです。

「顔は笑っているのに、怒っている」「不機嫌そうなのにホメる」
とかの矛盾した行動を相手にされた場合には、内容よりも見た目を重視するということ。
だから、いつでも見た目を重視するわけじゃないってコトだそうです。

とはいえ、目から入る情報の割合は、圧倒的に大きいわけで、
本を読む時にも、文章そのものより、本のデザインや挿絵などの視覚情報に目を奪われ、
本の中身を覚えてなかったりするようです。

そういえば、小説のネタ探しのために購入した『エクソシスト』とか、
表紙の印象だけはあるけど、肝心の中身を覚えてなかったりして……。
10代の女の子は悪魔を追い払う能力が特に高いらしい

本場バチカンのエクソシスト養成講座では、現役女子高生も受講しているらしい。
なんか魔法少女的なものを想像してしまう。

「悪魔は天使より美しい。そうでなければ、誰も悪魔に惑わされたりしない」

なんて使い古された小説的表現なんだけど、確かにむさい悪魔が登場するお話では、読む気も失せる……。
うちの小説に登場するアザゼルの設定は、あくまでイケメンです


『地獄の辞典』に出てる悪魔アザゼル。
元は天使だったけど堕天したらこんなオッサンになってしまったようです。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
心の法則
  • 2018⁄03⁄03(Sat)
  • 18:50

正面から聞かれると、つい否定してしまうけど、実は信じていること。

神を信じているか?
魂は存在するか?
家族を愛しているか?

問いただされると否定してしまうけど、実は心の中で信じていること。好きなこと、大切なこと。

それが大切なものであればあるほど、言葉にすると、自分の実感からずれてしまう。
言葉にすると、なんだか嘘クサいことって、あるんですよね。

うまく表現しようと思えば思うほど、なんかごまかしているというか、なんというか。
自分の心が分からないって、よく言うけど、あれって恋する乙女の決まり文句なんかじゃなくて、わりと誰にでも感じることじゃないのかな~とかなんとか思うわけです。
うちのクマです
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
心の法則
  • 2018⁄02⁄28(Wed)
  • 16:41

分っちゃいるけど、なかなかできないこと。

物理学の世界では、万物は固有の波動を発しているそうです。
(波動とか言うとものすごいアヤシイ雰囲気がたまらない。ジョジョの波紋とは関係ないのか、あるのか)

ウィキペディアでは波動(オカルト)っていう項目もあるから、ここではオカルトの波動のコトです……たぶん

ネガティブな感情を握りしめて、不愉快な時は、自分によく似た状況や人を引き寄せてしまうなんてコトも、
あるらしい。

そういえば、「あ~仕事欲しい」とか漫然と思っている時は、何にもないんだけど、
一つ依頼が来たら、しばらく続くこともあるし、
イライラしていると、イライラすることが、次から次へとビリヤードのごとく起こることもあったりして

とりあえず、職場でも不機嫌なヤツと一緒に仕事したいなんて、誰だって思うわけないし、
不機嫌な気分ってのは、日常の色んなチャンスを遠ざけているようです。

人間だから、イライラすることもあるけど、そんなネガティブな感情はさっさと手放して、
ニュートラルに冷静に考えられる状況に戻ってきたらよい……ということなんですが。
それが出来たら誰も苦労しないって話。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
心の法則
  • 2016⁄09⁄22(Thu)
  • 00:38

『いい流れに乗る』方法について考える。

よく聞くけど、流れに乗るって難しい。
小学生のころの大縄跳びで、なかなか入れなくってオタオタしているみたいな感じ……。

そう言えば、ここのところ何件か、お仕事が入ったと思ったら、なんだか当初の予算と違ったりしてキャンセル続出。
流れに乗れなかったのかな~と反省する反面、いやいや、今は、自分の書きたいものだけ書いていたい……とも思うのでありました。

書き続けてると、勘が鋭い状態を維持できるようになる』って、お話を教えてもらったばかりなので、このさい、自分の好きなモノばっり書いていたら、また『いい流れに乗る』ことができるのかもしれません。

あまり深く考えずに、なんとなく……流れて行っても楽しそうです。
結局のところ何も考えてない……
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
心の法則
  • 2016⁄08⁄19(Fri)
  • 22:25

1万時間の法則より、20時間の法則!

「1万時間練習しても、プロになれなかった人」はいない。
また「プロで、1万時間より練習が少なかった人」もいない。

いわゆる “1万時間の法則”を初めて聞いたときには、1万時間を3年で割ると一日約9時間。
これだけやったら、プロになれる!!!
……ハズ(;・∀・)

残念ながら、これは誤解でフロリダ州立大学のK.アンダース・エリクソン博士の提唱した1万時間っていうのが、ホントは“プロレベルの人たちの中でトップになる場合”のコトでした。

なんだ。元からプロの話か~と思っていたら、作家のジョシュ・カウフマン氏によると「まあまあ良い」レベルまでなら20時間で到達できるようです。

「自分でも分かってるぐらい下手くそレベル」から、「まあまあ良い」レベルまでが20時間です。
1日30分を費やしても40日間だけ……なんて、アヤシイ通信教育みたいですが、お金もかからないので、やってみようと思います。

動きのある絵を描こうとしたんだけど、もうアカン……

はい。残念~~~~30分もたずにイヤになりました。
思ったように描けない

ちなみに、これがフラストレーションの壁
へたくそな自分を自覚しているから、フラストレーションがたまるってことらしいです。
とりあえずは20時間は専念しろってことで……。
あきらめないで頑張ろうっと

でも、小説は一日30分以上確実に書いているハズなのに「まあまあ良い」レベルまで達していないのは、どういうことなんだろう。
そこに触れてはいけないような気がするから、今は考えない。
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
心の法則

About us

管理人ご挨拶

【マリアさん】 当ブログの看板娘。年齢のことは禁句
【ガブリエル】 自分の性別を見失っている天使。

Contact

管理人へのご連絡は メアドを入れていただければ直接お返事しますこちらから
別窓開きます

Ranking

本日の残り時間

TOUCHING WORD(小)

About this Blog

こちらでは管理人 真守(Mamori)の日常や趣味の小説のことなどを綴っております。

管理人の小説サイトはこちら(一部大人向け表現アリ)
『小説家になろう』でも投稿させていただいております。こちらから
『ムーンライトノベルズ』はこちらから

Calendar

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Material

ImgBubbleTipsby[猫カフェ]futaha
月の歯車
妙の宴
幻想素材サイトFirst Moon
ヴィラージュ・クッキング素材集
暗黒素材 御伽草子
STAR DUS
ATNET
FOOL LOVERS
NEO HIMEISM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。