RSSはこちら

Angelus ovum

隠れオタクの創作日記。

INFORMATION

オリジナルの女性向け恋愛小説を扱っております。
ファンタジー/学園/現代/時代/甘々/執着/溺愛/歳の差
年齢制限があるものは自己責任にて閲覧ください

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
スポンサー広告
  • 2014⁄12⁄01(Mon)
  • 22:42

眠り姫のエンディングには嫁姑の問題が残っていたらしい。

グリムやペローで有名な『眠り姫』は王子様と姫が最後に結婚してめでたしめでたし……までしか、子供の童話では描かれていないけど、アレには続きがあって、じつは王子様のお母様、姫にとってはお姑様は人食いの魔女でした……って話があるんです。
寝てたほうが楽
コレって、アレですよね。
結婚後のお嫁の苦労をそのまんま、書いているような気がするんですよ。
昔は好きな人と結婚できたら、本当に幸せで、もう物語はそこで終わりだと思っていました。
でも、ゴールはそこじゃないんだよ……って、教訓なんですね~たぶん。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2014⁄11⁄15(Sat)
  • 15:23

王子さまが流血する話。

子供は、残酷だとはよく言いますが、私の子供のころ……なぜか血まみれの王子様の絵を描いて、周囲をドン引きさせたようです。

小さいころは、童話の挿絵などをそのまま写し描きしていたようです。
ただ、どこの王子様だろう??と考えたんですが……さっぱり思い出せない。

でも、グリム童話の『ラプンツェル』に王子様の流血シーンがありました。(←でも、コレじゃないんです)
確か原作では、塔に閉じ込められたラプンツェルは王子と逢瀬を重ねた末に子供を身ごもり(このあたりですでに子供向けの童話でなくなった)、それを魔女に見つかり、ラプンツェルは髪を切られて荒野に捨てられる。
王子の方は塔から投身自殺するも未遂の上、失明。森を彷徨う(顔面から流血する王子。子供が見たら確実にトラウマ)

ラプンツェルが一人で子供を産んで育てること七年。
再会して、めでたしめでたし。

いや、めでたいのか?……王子、手が早いだけで、いいトコなし。ショボ過ぎです。
本当にラプンツェルは、こんなオトコと結婚して幸せになったのでしょうか。

ちなみにディズニーで映画化されたものは、原作とはまったく違う設定だったので、きっと幸せになったんでしょうね。
『アナと雪の女王』でも、アナが「生まれ~て~は~じめ~て~♪」と歌うシーンでラプンツェルがチラッと登場してました。
無事に結婚したお話が、続編があるみたいです。

コレは『シンデレラ ダイヤモンド・コレクション』のボーナス・コンテンツのようです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話
  • 2014⁄04⁄16(Wed)
  • 15:13

その日の天使のこと。

その日の天使って、確か中島らものエッセイにあったと思うんです。

この人の本って、すごい下ネタがあったり、危なげな薬の話とかもあったりするんだけど、同じくらい繊細でロマンティックなお話もあったりします。
そのギャップがまた、たまらないわけなんです。
『その日の天使』のお話もそうだったんですよね。
天使ってかキューピッド?

一人の人間の一日には、必ず一人、「その日の天使」がついている。
心・技・体ともに絶好調のときには、これらの天使は、人には見えないもののようだ。
逆に、絶望的な気分に落ちているときには、
この天使が一日に一人だけ、さしつかわされていることに、よく気づく。



ところで、エゼキエル書の四つの顔(それぞれ牛・獅子・鷲・人の様)を持ち、四つの翼を持ち、四つの腕を持つ智天使ケルビムって、同じ名前のがウルトラマンメビウスの宇宙凶悪怪獣にもいたのは、どうかな~って思うんですけど。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。


category
大人向きの童話

About us

管理人ご挨拶

【マリアさん】 当ブログの看板娘。年齢のことは禁句
【ガブリエル】 自分の性別を見失っている天使。

Contact

管理人へのご連絡は メアドを入れていただければ直接お返事しますこちらから
別窓開きます

Ranking

本日の残り時間

TOUCHING WORD(小)

Novel

     短篇と中篇 / 完結
全年齢からR15
ヴァチカンのスイス衛兵隊であるレオーネは、教皇庁からある奇妙な命令を受ける。糖度高め。
現世と異界の狭間に捕らわれていることに彼女は、まだ気づいていない。……大天使ラジエルのこと。糖度高め。
親子ほども歳の離れた夫との退屈な結婚生活の中で、久しぶりに出逢った幼馴染の少年は、昔とはまるで違っていた。野生的な美貌。これ見よがしにはだけたシャツの胸元もわたしには、いやらしく見えて不安になる。
わたしは、聖金曜日の夜に詩人ウェルギリウスに案内され地獄の門をくぐったダンテのように、地獄をめぐる。わたしの悪魔とともに……。糖度高め。

 連載中
萌花がお嬢様と呼ばれていたのは、もう十年ぐらい前のこと……ただの貧乏学生である彼女の前に、かつての執事が救いの手を差し伸べる。

R18

一部に性的もしくは暴力的な表現があります。
18歳未満の方はご遠慮ください。

     中篇 / 完結
R18 ヴァチカンの日本人職員である鞠乃は、恩師でもある神父に、悪魔祓いの手伝いを頼まれる。だが、黒い聖母子像の下で彼女は、悪魔にすべてを奪われる。糖度高め

     長篇 / 連載中
R18 年下の恋人を持つ図書館司書のわたしの秘密の関係。
高校生の恋人は世間体と外見こそよかったが、裏では陰険で嫉妬深く性格も悪い。ようするにドS王子だった。糖度高め
R18 ローマのシスティーナ礼拝堂で杏珠は、美しい神父と出逢う。不可解な神父の言動に惑わされたあげく、酒の勢いで成り行きのまま神父と一夜をともにするが彼は、杏珠の父親だと名乗る。エログロ描写あり

     『天使のたまご』番外篇
イタリア旅行中に出逢った父親だと名乗る美しい神父は、杏珠を古城の舞踏会へと誘う。本篇 天使のたまご―サンダルフォンの狂恋―のサイドストーリー。糖度高め。R指定なしですが、掲載先はR指定サイトになります。

閲覧は自己責任にてお願いします。

Search

Material

ImgBubbleTipsby[猫カフェ]futaha
月の歯車
妙の宴
幻想素材サイトFirst Moon
ヴィラージュ・クッキング素材集
暗黒素材 御伽草子
STAR DUS
ATNET
FOOL LOVERS
NEO HIMEISM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。